苦しい胃の痛みを楽にするためのおくすり紹介サイト

もう悩まない!胃の痛みや不快感をスッキリ改善

胃の痛みに効果的な医薬品・医薬部外品を徹底比較

サイトマップ

胃がもたれる

胃のもたれの原因やその解消法について説明しています。

胃のもたれは消化機能の低下が原因です

食事をした後に、胃のもたれを感じて胃が重くなってしまう人は多いと思います。胃もたれは、食事を摂りすぎることで、胃のぜん運動が低下し、食べたものが消化されずに胃の中に残ってしまうことが原因で起こります。つまり、食べ過ぎたり、飲み過ぎたりすると胃の消化が追いつかずに、食べ物が胃の中に残ってしまうのです。

また、日頃から不規則な食生活をしていたり、体が冷えたりストレスが溜まっていると、胃の機能自体が低下して、食べ過ぎたり飲み過ぎたりしていなくても、胃もたれが起こります。鋭い痛みではないため、そのまま放っておく人もいますが、胃拡張の原因にもなるので、早い段階で症状を解消するように努めましょう。また、胃もたれがひどいと、吐き気やゲップを催すこともあります。

よく噛んでゆっくり食べることが大事

胃もたれは、胃薬を服用することで解消されます。処方薬はもちろん、市販薬でも効果がありますので、試してみてください。

また、食生活を変えることで、胃もたれを日頃から予防することも大切です。よく噛んでゆっくりと食べることは基本です。早食いをすると、食べ物をほとんど噛まずに飲み込んでしまうことになるので、消化に時間がかかり、胃もたれに繋がります。

そして、寝る前には食事をするのは止めましょう。睡眠中にも胃は動いて消化活動を行っていますが、寝る前に食事をしてしまうと食べたものの消化作業に追われて、次の日の準備ができず、胃もたれが起こってしまいます。さらに、食べた食物が完全に消化されるのに4時間かかるといわれているので、食事と食事の間隔は4時間はあけるように気をつけましょう。

食後はゆっくりと休むことがおすすめ

胃もたれをしないために、日常生活で気をつけたい点を掲載します。

まず、食後すぐに入浴すると胃酸分泌が抑えられ、消化が遅れてしまうため、入浴はお腹が落ち着いてからにしましょう。

食後は右側を下にして横になり、ゆっくりと休むことをおすすめします。右側を下にして寝ることで、胃から十二指腸へ食べ物が運ばれやすくなり、胃もたれを防げます。

また、胃もたれが続いた時は、柔らかく煮たうどんやバナナ、かぼちゃやキャベツなど消化によい食べ物を摂るようにすると良いでしょう。食後にはお茶を飲むと、消化が促進されて胃もたれを防げます。

胃の痛みの緩和におすすめの漢方薬3選

生薬製剤イツラック 生薬製剤イツラック
  • 厚生労働省の認可を受けた、指定医薬部外品の漢方薬。
  • 健胃や整腸効果があるケイヒ、ストレスによる胃痛を緩和するチョウジ、胃を健やかにし痛みを和らげるウイキョウを配合し、どんな胃の痛みにも効果が期待できます。

イツラックの
公式サイトを見る

六君子湯 六君子湯
  • 漢方のツムラが販売する胃腸薬。漢方の原典である『万病回春(まんびょうかいしゅん)』にも記載されている漢方薬の処方でつくられています。
  • 六君子湯エキスを配合しており、胃腸が弱く疲れやすい貧血性で、手足が冷えるタイプの方におすすめ。

六君子湯の
公式サイトを見る

ソルマック胃腸液プラス ソルマック胃腸液プラス
  • おもに2日酔い対策のために開発された、医薬部外品の胃腸液シリーズです。
  • 延命草などの漢方成分を配合し、食べ過ぎまたは飲み過ぎによる胃部不快感や、吐き気の解消が期待できます。

ソルマック胃腸液プラスの
公式サイトを見る

 
ページの先頭へ