苦しい胃の痛みを楽にするためのおくすり紹介サイト

もう悩まない!胃の痛みや不快感をスッキリ改善

胃の痛みに効果的な医薬品・医薬部外品を徹底比較

サイトマップ

ストレスと上手に付き合う

ストレスによって胃痛が起こるメカニズムを解説します。また、ストレスを軽減する方法も紹介します。

ストレス性胃炎は自律神経が原因

胃は、自律神経の影響を大きく受ける臓器です。自律神経とは、内蔵や血管、ホルモン、神経、免疫力などの働きをコントロールし、体内の環境を整える神経です。緊張すると交感神経が働き、リラックス時には副交感神経が働きます。2つは交互に働いていて、バランスを保っています。

しかし、ストレスがかかり続けると、どちらか一方だけが働いている状態になり、バランスが崩れてしまいます。胃は消化のために胃液を分泌していますが、同時に粘液を分泌することで胃の粘膜を胃酸から防ぐ働きがあります。しかし、自律神経のバランスが崩れていると、胃腸の働きを強める命令が脳から出され、胃酸が過剰に分泌されてしまうのです。その結果として、胃痛などの肉体的症状が現れます。

ホッとするリラックス方法を見つけましょう

ストレスをなくせば胃の痛みが治まるとわかっていても、ストレスを溜めずに生活したり、ストレスを瞬時に解消するのは難しいですよね。でも、ストレスを軽減する方法であれば、自分なりに見つけられるのではないでしょうか。

例えば、温かい飲み物、お気に入りの香り、嫌なことを忘れられる音楽。子どもやペットの写真でもいいと思います。自分が落ち着ける、ホッとできるリラックス方法を見つけておきましょう。

ただし、いくらホッとできるとはいっても、タバコやお酒に頼りすぎるのはNG。体の健康を考えたらタバコとお酒はほどほどにして、それをリラックス方法にするのは止めましょう。

温めて胃の働きを促すと痛みは軽減します

ストレスが原因の胃痛の場合、胃散が多く出すぎていることが多いといわれます。胃痛を感じたら、温かいものを飲むことで痛みは軽減されますが、その際に胃酸過多を中和するために、アルカリ性のものを選ぶとなお良いでしょう。

アルカリ性の飲み物とは、温めたアルカリイオン水やホットミルク。ホットミルクは砂糖を入れて甘くすると、気分的にも安らげるのでおすすめですよ。

また、ストレスが原因で胃に重みやもたれを感じる時は、身体が冷えて血の巡りが悪くなっていることが原因の場合もあります。その場合には、胃の中の血流が減っていることが考えられるので、胃のある部分に温熱シートを貼って、温めましょう。温めることで血の巡りがよくなり、胃の粘膜を守る粘液が生産されます。

胃の痛みの緩和におすすめの漢方薬3選

生薬製剤イツラック 生薬製剤イツラック
  • 厚生労働省の認可を受けた、指定医薬部外品の漢方薬。
  • 健胃や整腸効果があるケイヒ、ストレスによる胃痛を緩和するチョウジ、胃を健やかにし痛みを和らげるウイキョウを配合し、どんな胃の痛みにも効果が期待できます。

イツラックの
公式サイトを見る

六君子湯 六君子湯
  • 漢方のツムラが販売する胃腸薬。漢方の原典である『万病回春(まんびょうかいしゅん)』にも記載されている漢方薬の処方でつくられています。
  • 六君子湯エキスを配合しており、胃腸が弱く疲れやすい貧血性で、手足が冷えるタイプの方におすすめ。

六君子湯の
公式サイトを見る

ソルマック胃腸液プラス ソルマック胃腸液プラス
  • おもに2日酔い対策のために開発された、医薬部外品の胃腸液シリーズです。
  • 延命草などの漢方成分を配合し、食べ過ぎまたは飲み過ぎによる胃部不快感や、吐き気の解消が期待できます。

ソルマック胃腸液プラスの
公式サイトを見る

 
ページの先頭へ