苦しい胃の痛みを楽にするためのおくすり紹介サイト

もう悩まない!胃の痛みや不快感をスッキリ改善

胃の痛みに効果的な医薬品・医薬部外品を徹底比較

サイトマップ

急な胃痛の緩和方法

急な胃痛におそわれた時の緩和方法を紹介しています。

健康的な生活で胃痛は緩和されます

胃痛を改善するためには、まず食生活を改善することが大切です。アルコールや刺激物は適度に。タバコは可能ならば止めましょう。また、起床直後や寝る1〜2時間前には何も食べないようにしましょう。そして、十分な睡眠をとり、適度な運動をし、排泄を習慣づけて、ストレスを溜めずにリラックスしてすごすことが、日常的にできる予防方法です。

もし、胃腸の調子が悪くなってしまったら、柔らかくて温かいものを意識して食べましょう。極端に冷たいものや熱いものはNGです。慢性的に胃痛を感じている場合には、医療機関で受診し、医師の指示に従って服薬しましょう。

外出先でもできる緊急避難的方法

胃痛を改善するためには、食生活を変えて体質を改善するのがいいと分かっていても、それを続けるのは難しいと感じる人も多いでしょう。そこで、胃が痛くなった時の緊急避難的方法をいくつか掲載します。

腹式呼吸をする
鼻から息を吸い込み、口からゆっくりと吐いて、痛みを逃がします。背筋をピンと伸ばして行うのがポイント。電車の中や会議中などでもできるおすすめの方法です。

反時計回りになでる
腸は時計回りになっているので、反時計回りにお腹をなでることで腸の動きを抑制します。ゆっくりと深呼吸しましょう。

炭酸飲料を飲む
裏技ですが、薬も持っていない、腹式呼吸でもなでても改善の兆しすら見られないという時にはチャレンジしてみてもいいかもしれません。炭酸飲料には炭酸水素ナトリウムが入っているので、実はアルカリ性なんです。アルカリ性の飲み物は、胃酸を中和してくれ、痛みを軽減してくれます。

ツボ押しで胃の痛みを減らしましょう

急な胃の痛みには、ツボ押しもおすすめです。

手首のシワからヒジの方向へ指三本分下がった位置にある「内関」のツボは、内蔵機能や消化器系の症状を緩和するツボといわれます。やや強めにゆっくりと数回押しましょう。

ヘソとみぞおちの真ん中に位置する「中かん」は胃の機能回復に広く応用されるツボです。息を吐きながらゆっくりと押し込みましょう。

また、手の甲側、親指と人差し指の間の骨の付け根部分の少し外側に位置する「合谷」は痛みを抑えるツボです。強く、長く刺激します。

ヒザから骨にそって指4本分下がった位置にある「足三里」のツボは、足の疲れや不具合に効くことで有名なツボですが、このツボは胃腸の症状にも効果があります。座った状態で、ゆっくりと押してみましょう。

ツボ押しは、あくまでも応急処置的な方法です。痛みが長引く場合には、医療機関で見てもらい、医師の指示に従いましょう。

急な胃痛に苦しまないために日ごろから飲みたい医薬品&医薬部外品リスト≫≫

胃の痛みの緩和におすすめの漢方薬3選

生薬製剤イツラック 生薬製剤イツラック
  • 厚生労働省の認可を受けた、指定医薬部外品の漢方薬。
  • 健胃や整腸効果があるケイヒ、ストレスによる胃痛を緩和するチョウジ、胃を健やかにし痛みを和らげるウイキョウを配合し、どんな胃の痛みにも効果が期待できます。

イツラックの
公式サイトを見る

六君子湯 六君子湯
  • 漢方のツムラが販売する胃腸薬。漢方の原典である『万病回春(まんびょうかいしゅん)』にも記載されている漢方薬の処方でつくられています。
  • 六君子湯エキスを配合しており、胃腸が弱く疲れやすい貧血性で、手足が冷えるタイプの方におすすめ。

六君子湯の
公式サイトを見る

ソルマック胃腸液プラス ソルマック胃腸液プラス
  • おもに2日酔い対策のために開発された、医薬部外品の胃腸液シリーズです。
  • 延命草などの漢方成分を配合し、食べ過ぎまたは飲み過ぎによる胃部不快感や、吐き気の解消が期待できます。

ソルマック胃腸液プラスの
公式サイトを見る

 
ページの先頭へ