苦しい胃の痛みを楽にするためのおくすり紹介サイト

もう悩まない!胃の痛みや不快感をスッキリ改善

胃の痛みに効果的な医薬品・医薬部外品を徹底比較

サイトマップ

食生活における注意点

胃痛の予防や改善につながる食生活について説明します。また、胃痛に効く食材の紹介や食生活による体質改善についても掲載します。

刺激物は摂り過ぎないように注意

胃の痛みの原因には、様々な原因が考えられますが、どのタイプの胃痛でも食生活を改善することが、最大の予防になります。

まず、注意したいのが、胃痛の原因になりうる食材は摂り過ぎないようにすることです。辛いものや甘味の強いもの、冷たいもの、コーヒーや紅茶などのカフェイン、アルコールなどは胃の粘膜が一時的に荒れる急性胃炎の要因の一つにもなり得ます。ほどほどにするように注意しましょう。

胃にいい食材と一口に言っても、胃の痛み方や原因によって、いいとされる食材は変わってきます。ストレスで胃痛が起こっているときには、胃の血流をよくする食材。寒さで胃が痛いときは胃を温めて痛みを止める食材。食べすぎや胃もたれの場合には、消化を良くする食材と、それぞれの症状に合わせて食材を選びましょう。

痛みに合った食材を摂りましょう

胃に良いとされている食材を具体的に挙げていきます。

キャベツ
キャベツに含まれているビタミンUは消化性潰瘍の改善を早めたり、胃の粘膜の保護や血流を良くする働きがあります。ストレス、寒さ、胃もたれに効果があります。

大根
葉に近い緑色の部分には、消化酵素ジアスターゼという酵素が含まれており、これが胃痛に効果があります。ただし、この酵素は熱や酸化に弱いため、生で食べなければいけません。サラダやすり下ろして食べるのがベストです。胃もたれや食べ過ぎ、消化不良に効果的です。

リンゴ
リンゴに含まれる有機酸やペクチンは消化を助け、胃を保護する役割があります。ただし、胃散が出過ぎるタイプの人は、体質によっては胃散の分泌を促してしまうこともあります。食べ過ぎや寒さ、腸の機能低下の胃の痛みに効きます。

生姜
生姜は胃腸を温め、消化管の活動を活発にします。冬の冷えた胃にもいいのですが、夏バテや体力が低下して弱っている胃にも効きます。

胃酸過多の人はアルカリ性の食品で体質改善

胃散の量によって胃痛が引き起こされている人は、食事を変えることで体質が改善され、症状が治まると言われます。ひじきやワカメ、昆布などの海草類や干し椎茸、大豆、ほうれん草、ごぼう、サツマイモ、ニンジンなどは、「アルカリ性」の食品です。

これらは、胃散を中和して胸焼けを防ぐ効果が期待できます。これらを積極的に、毎食摂るように心掛けて食生活を変えていきましょう。

逆に、胃散の少ない低酸症の人は、適度なアルコールやカフェイン、香辛料や梅干しを食することで胃散分泌を促す効果が期待できるといわれます。

また、ストレスが原因の場合には、ビタミンCが効果的。ビタミンCを多く含む食材を食べるほか、サプリメントを使って補ってもいいと思います。

胃の痛みの緩和におすすめの漢方薬3選

生薬製剤イツラック 生薬製剤イツラック
  • 厚生労働省の認可を受けた、指定医薬部外品の漢方薬。
  • 健胃や整腸効果があるケイヒ、ストレスによる胃痛を緩和するチョウジ、胃を健やかにし痛みを和らげるウイキョウを配合し、どんな胃の痛みにも効果が期待できます。

イツラックの
公式サイトを見る

六君子湯 六君子湯
  • 漢方のツムラが販売する胃腸薬。漢方の原典である『万病回春(まんびょうかいしゅん)』にも記載されている漢方薬の処方でつくられています。
  • 六君子湯エキスを配合しており、胃腸が弱く疲れやすい貧血性で、手足が冷えるタイプの方におすすめ。

六君子湯の
公式サイトを見る

ソルマック胃腸液プラス ソルマック胃腸液プラス
  • おもに2日酔い対策のために開発された、医薬部外品の胃腸液シリーズです。
  • 延命草などの漢方成分を配合し、食べ過ぎまたは飲み過ぎによる胃部不快感や、吐き気の解消が期待できます。

ソルマック胃腸液プラスの
公式サイトを見る

 
ページの先頭へ